本文へスキップ

公益財団法人国際労務管理財団(I.P.M.) は、労務管理を通じ、技能・技術・人材の交流で国際貢献に寄与します

TEL. 03-3354-4841

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-26-6 新宿加藤ビル7F

I.P.M.(公益財団法人 国際労務管理財団)とは   Pamphlet English パンフレット  日本語 

理事長ごあいさつ


  人から人へ、手から手へ。「心の通う専門サービス」

    
 皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 2011年3月の東日本大震災では、東北・関東の広い範囲で甚大な被害が生じました。改めて被災された方々に心からお見舞い申し上げます。また、復興が進展し、被災者の皆さまに一日も早く日常生活が戻りますよう祈念しております。

 当財団は、1993年に労働省(現厚生労働省)の許可を受けて設立されて以来、外国人技能実習生の受入れを中心に、日本企業の海外進出や技術移転の支援や、国際人材交流等を通じて、海外進出企業の発展ならびに技術交流を通じた国際貢献に尽力してまいりました。

 外国人技能実習生の受入れでは、中国をはじめペルー・フィリピン・ベトナムから、これまでに多数の若者を受け入れてきました。
 各国の若い世代が日本企業の進んだ技術、生産管理システム、労務管理システム、及び勤労精神などを学んだ後、母国の発展に寄与しております。一方、日本企業からは、外国人技能実習生の受入れが日本人従業員の意識改革にも良い影響を与えてくれているとの声を多く頂戴しております。

 また、移転や進出など、海外に視野を広めておられる企業向けにも、セミナー開催・海外調査活動などを通じて、我が国の主として中小企業の発展を様々な側面からサポートさせていただいております。

 当財団の理念は「協心」と言う言葉です。これは皆が力を合わせて一つになった心を表します。「人」の重要性を知る企業の皆様の良きパートナーとして「協心」の精神で心の通うお付き合いをモットーにサポートにあたる当財団をどうぞよろしくお願い致します。


理 念

事業内容

(1) 海外諸国における労働事情及び企業の海外進出等に関する調査研究及び支援等の国際交流事業
(2) 海外諸国の青少年等の育成及び親善交流等の海外諸国との人材交流事業
(3) 技術・技能の修得を目的とする外国人技能実習生受入れ事業を行う実習実施機関の監理団体としての業務及び無料職業紹介事業
(4) 広報誌の発行等の広報活動
(5) その他この法人の目的達成に必要な事業

沿革

1993年 3月
労働省(現厚生労働省)許可を受け財団法人国際労務管理財団設立東京、大阪、兵庫、福岡、中国山東省青島市に事務所開設
1993年 4月
外国人研修・技能実習制度創設
1994年 4月
中華人民共和国から実習生受入れ開始
1994年 10月
ペルー共和国から実習生受入れ開始
1996年 6月
ベトナム社会主義共和国から実習生受入れ開始
1996年 8月
フィリピン共和国から実習生受入れ開始
2001年 9月
中国山東省威海市に威海方正外国語学校開校(〜2006年9月)
2002年 9月
中国中日研修生協力機構より研修生受入れ優秀10団体として表彰される
2002年 11月
三重事務所開設(〜2013年3月)
2005年 3月
広島事務所開設
2005年 4月
実習生の集合研修施設としてI.P.M.六甲山研修センター設立
2005年 9月
名古屋事務所開設
2006年 9月
中国山東省煙台市に煙台華日外国語学校開校(〜2009年5月)
2010年 4月
厚生労働省の許可を受け無料職業紹介事業開始
2010年 7月
新しい外国人技能実習制度による技能実習生受入れ開始
2012年 7月
中国中日研修生協力機構より受入れ優秀18団体として表彰される
2012年 11月
公益財団法人へ移行
2013年 6月
ネパール連邦民主共和国から実習生受入れ開始
2014年 8月
仙台事務所開設

バナースペース

公益財団法人 
国際労務管理財団

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-26-6
新宿加藤ビル7F

TEL 03-3354-4841
FAX 03-3354-4847